スタッフブログ

2012年5月

2012.05.25二百年に一度?

月曜日に金環日食がありました。今回を逃すと、東京で次に見られるのは100年以上先とかで、これはぜひ見ようと思い、早めに家を出て、簡単な太陽観察フィルターを通して、通勤途中に立ち寄った代々木公園付近で一部始終を見ました。上手く撮れるかどうか心配でしたが一応、デジカメで撮ってみました。

P5212315欠け始め

2p5212320_3欠けている最中

1p5212330_2金環日食の瞬間1

2p5212331_3金環日食の瞬間2

P5212338_2金環日食終わり頃

フィルター通してみると思っていたイメージとちょっと違った感じでした。また、金環日食の時の辺りの暗さが不思議な感じでした。以上、最初で最後の東京での金環日食経験でした。

≪補足≫日食とは月が太陽の前を横切ることにより、太陽や太陽の一部が隠れてしまう現象で、太陽全部が隠れてしまうときは「皆既日食または皆既食」、一部だけが隠れるときは「部分日食または部分食」、太陽のほうが大きく月の周りに太陽が見えているのが「金環日食または金環食」です。

金環日食は、貴重な体験でしたが、調べてみると意外に見れる機会がありそうです。見逃した方は次の機会がありますのでぜひどうぞ。(SIG)

日本で見られる日食の予定を国立天文台のHPから抜粋して記載しておきます。

2012年5月21日 金環食 九州南部・四国の大部分・紀伊半島から本州の関東付近にかけてなど
2030年6月1日 金環食 北海道の大部分など
2035年9月2日 皆既食 中部・関東の一部など
2012.05.23美味しいオリーブオイル

 最近仲良くさせていただいている、イタリア関連のお仕事をしている方に

いただいたオリーブオイルがすごく良い感じだったので、ご紹介します。

Dsc_0698

商品名は「エクストラバージンオリーブオイル SURRI(スーリ)」

イタリア料理大好きな私に、オリーブオイルは欠かせません。

特に、ペペロンチーノ、オリーブオイルで仕立てた白身魚などが好きで、

単純にうまいバケットに塗って食べるのもGOOD。

スーリは主に魚介類に合うと言われてますが、風味がよくオールランドに使えます。

オリーブオイルは動脈硬化を抑える作用があるということで、悪玉コレステロールを

ふんだんに含んでいる私の血液には、欠かせない逸品です。

                                           (万)

2012.05.10ペヤングソースやきそば激辛

昔からある四角い顔の「ペヤングソースやきそば」の激辛バージョンがあって、なかなか手に入らないという噂を友人からきいて、一度食べてみたいと思っていたところ、近所のスーパーであっさり発見!

F1000166
中身の見た目はノーマルバージョンとまったく変わらず・・・。

F1000167
ソースは見るからに辛そうな色をしておりました。

F1000170
早速ソースをかけて試食

F1000172
・・・辛っ!結構辛い食べ物は好きで大丈夫なはずなんですが、これは結構辛いです。辛いのが好きな人はいいでしょうが、なかなかきつい辛さです・・・。

興味がある人はお試しあれ。

(SIG)

2012.05.09青春18きっぷ

 久しぶりにアップします。 1月に続き、4月に青春18きっぷの旅(12300円旅行と呼んでます)に出ました。目的は南アルプス(赤石山脈)と木曽山脈の間を走るJR飯田線で春の南信州をのんびり旅することです。今回は一人当たり2300円厳守で出発。(ビールや発泡酒、おつまみ、お弁当は持参なので考慮外。) 

東京→沼津(静岡県)→静岡→浜松(静岡県)→豊橋(愛知県)と乗り継いで、1042豊橋発 飯田線 上諏訪行きに乗車。 

Photo豊橋駅。ここからが長いんです 

この列車なんといっても、終点まで6時間58分かかり本当にのんびり出来ました。(途中95駅停車)日中のほとんどを車内で南アルプスの景色を見ながら、ビール・発泡酒を350缶×8本、お弁当、おつまみ全部を完食して岡谷駅(長野県)で下車。 

Photo_2岡谷駅 

Photo_3ここまでの7時間弱の乗りっぱなしはやっぱり長かった 

中央本線に乗り換え岡谷(1750発)→甲府(山梨県)→大月(山梨県)→高尾(東京都)→三鷹→西荻窪(22時過ぎ頃)と乗り継いで、無事帰ってきました。 

でも結局、岡谷からの帰路途中で、発泡酒とおつまみを購入、甲府で立ち食い蕎麦を食してしまいました。現金約2000円使ってしまいました。お金を使わない旅にするはずが、またしても飲み食いしてしまった。次の旅のときはもっと持参して今度こそお金を使わない旅にしようと思います。

途中珍しい駅がありました。名前は「小和田」駅(こわだ駅))で鉄道以外にアクセルルートが無い駅です。トンネルとトンネルの間にあり、南側が山(崖)、北側が川(天竜川)で周辺に道路は見当たりませんでした。さらにこの駅が珍しいのは、駅のホームの途中に愛知・静岡・長野の三県境がありました。鉄道マニアの間では秘境駅と呼ばれている駅のひとつで人気があるらしく、この日も大学生数人のグループや時刻表を持った初老の男性、登山客っぽい人が小和田駅で途中下車しました。どこにも行けないのに・・・・・。 

1小和田駅です 

2三県境の標識

Photo_4南アルプスの景色(北岳? 違ってたらゴメンナサイ) 

2_3南アルプスの景色2(甲斐駒ケ岳? 違ってたらゴメンナサイ) 

それにしても、長時間の各駅停車の旅はのんびり出来ます。(ゆっくり飲めます) 

次回は夏にどこかに12300円旅行する予定です。(SIG